【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット

【先着特典あり!】『僕とあなたでようやく世界』オリジナルエッセイセット

通常価格
¥1,980
販売価格
¥1,980
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

10/21-11/6まで開催したオーナー小山の個展、言葉と出会う展『ぼくとあなたでようやく世界』の開催記念に特別アイテムをご用意しました!

商品概要
展示のために書き下ろしたエッセイ『僕とあなたでようやく世界』を含む本展示初公開の作品が書かれたポストカード5種と、展示に使用した約360篇のエッセイ『落書きのかけら』の中からランダムに12篇分を収録したエッセイ集のセットです。

さらに!これまでに書かれた『今朝の落書き』の中からお好きな一篇をお知らせいただいた方には、その一篇の『落書きのかけら』をプレゼントします!
商品購入時にお送りするメールのフォームからお伝え下さい。
とくにご指定がない場合は、店長山本のオススメのものをチョイスします。

また、上記でお選び頂いた『今朝の落書き』を卓上フレームに入れてお届けするオプションもご用意しました!フレームの中身は出し入れが簡単にできるため、お好きな一篇に差し替えることもできます。

展示にお越し頂いた方も、そうでない方も、ぜひご自宅でゆったりと言葉との出会いをお楽しみください。

【先着30名様限定特典!】
先着30名様には、以下の内容の特典をおつけします!ぜひお早めにお申し込みください♪
・実際に展示で使用した『落書きのかけら達』で商品をお作り
・ポストカード5種類→7種類に! 

商品の発送は、1125日以降となります!予めご了承ください。

商品に含まれるもの
・エッセイポストカード 5種類
・落書きのかけら達 12篇分
・お好きな『落書きのかけら』1篇分

<オプション>
お好きな『落書きのかけら』を卓上フレームに入れてお届けします。

『落書きのかけら達』とは
小山が毎日書いているエッセイ『今朝の落書き』から、一文と本編の書き出しを手のひらサイズの小さな紙に印刷したものです。
読んで楽しむのはもちろん、思ったことを書き込んでみたり、お気に入りを見つけて飾ってみたり、プレゼントに添えたりと、ぜひ身近に、自由に楽しんでいただけたら嬉しいです。

『落書きのかけら達』は、通常版の単品販売に合わせ、毎月初旬に前月分のエッセイを30篇をお届けする、セブスクリプションもお選びただけます!

気になった方はぜひ以下より、商品詳細を御覧ください♪
▼落書きのかけら達について
https://jiyucho.tokyo/products/pieces-of-writing


『今朝の落書き』とは
自由丁のオーナー小山が毎日、日々思ったことや感じたことを書いているエッセイです。全文は自由丁のウェブサイト内で公開しており、以下SNSでもご紹介しています。

オーナー小山のツイッター
エッセイの更新のお知らせや、日々の試行錯誤も呟いています。
時折即興エッセイなる企画を催すことも。ぜひお気軽にフォローください♪

自由丁インスタグラム
『落書きのかけら達』の元となる画像を店長の一言コメントと共に日々投稿しています。

ポッドキャスト「自由丁FM
店長がパーソナリティをするポッドキャストです。
『本日の未来便り』という番組内で、『今朝の落書き』全文を、感想を交えながらご紹介しています。