Concept Story

「自由丁は、
日々生まれては消えていく、
あなた自身の素直な気持ちと過ごす場所」

夜の自由丁外観 夜の自由丁外観

これは、
少し変わった町の中にある
自由丁という
不思議な場所の物語

Scroll

その少し変わった町は、丘の上にあります。

丘のてっぺんには、小さなオレンジのグラデーションが美しい、
朝焼けのような、夕焼けのような、
灯火がゆらゆらと揺れている時のような、そんな色をした郵便ポストが建っています。

TOMOSHIBI POST(ともしびポスト)、人びとはそのポストをこう呼びます。

TOMOSHIBI POST(ともしびポスト)、

TOMOSHIBI POST

人びとはそのポストをそう呼びます。

消印イラスト

自由丁で書かれた手紙はこのポストに投函されます。

ただ、そのポストは、普通の郵便ポストとはすこし違います。

実は、そのポストに投函した手紙は、一年後に届くのです。

何でもない日に、

未来の自分へ、

「元気でやってるか?」とか、
「夢は叶ったか?」とか書く人もいれば、

女の子

年始めや年の終わりに、
「よく一年頑張ったね」とか、
「おつかれさま」とか、未来の自分に労いの言葉をかける人もいます。

時には、失恋した日や、
頑張って取り組んだプロジェクトが大成功で終わった翌日に、
その時の気持ちを手紙に書いて、送る人もいます。

そして、そうして手紙を書くと、

手紙

一年後に、その手紙が届いた時に、なぜだかとっても幸せな気持ちになるのです。

もしかすると、未来を想像しながら手紙を書くというのは、

未来が今より良くなっていたり、
平和で、幸せに包まれていることを望んでいるからこその行いで、

それを書いている瞬間と、書いたものが届いた瞬間というのは本当は、

その希望や幸せに触れている瞬間、だからなのかもしれません。

FREEMONTロゴ

未来がどうなっているかなんて誰にもわからない。

だったら今は、思う存分希望や、幸せで満たしてしまおう。

未来の自分へ手紙を書くことは、どうやら未来を希望や幸せで満たすことのようだと、
私たちはなんとなく無意識に、わかっているのかもしれません。

FREEMONTの街

今日も誰かが未来に、今に、思いを馳せに、手紙に認めに自由丁に訪れます。

週に一回、素直な時間を持つ人もいれば、年に一回、誕生日に訪れる人もいます。
そんな風に自由丁は、かけがえのない一人一人の、素直なときが集まる場所として、今日も育まれているのです。

男の子