「肉汁から学ぶ、日々の味わい」6月の月読倶楽部

こんにちは、店長の山本です。

この記事では、自由丁の月一定期便「Calendar Letter」利用者の方の限定コンテンツ「月読倶楽部」の活動内容の一部を、読者の皆さまにも紹介させていただきます♪

「自由丁にはこんな方々が集っていて、こんなことを考えているのか〜」と、少し遠巻きに眺めるような感覚で楽しんで頂ければと思います。
もちろん、参加はいつでも大歓迎です!

−−

月読倶楽部にはオーナー小山も時折コメント欄にて参加します。
そして今月はなんと、Events & News in 自由丁 のコーナーでご紹介した「即興エッセイ」が、月読倶楽部内でも行われました!

今回はその一部をお話しますね。

今回の月読倶楽部では、どういう理由か、私が小籠包の食レポをするという場面があり、「肉汁が最高!」といった意味合いのことを言いました。
※注) 月読倶楽部はカレンダーレターを使用しながら、ひと月の振り返りをする会です。笑

すると参加者の方から、オーナー小山へ「お題『肉汁』で即興エッセイをどうぞ!」とのナイスパスが!(笑)

日々書いている『今朝の落書き』とはかなり毛色の違うお題、、、

果たして小山は書いてくれるのか、、!?と参加者一同ワクワクしていると、一・二分後、小山からのコメントが!

「小籠包における本質が、あの包み込まれた肉ではなく汁の方にあるのだとするならば、僕らの日々の本質も身体や心そのものよりも、滲み出ては消えていく嬉しい悲しい楽しい寂しいという感情の方にあるのだと、思えやしないか」

と。

「肉汁エッセイ」爆誕。

参加者一同拍手。

いや〜。手前味噌ですが、お見事でした!(笑)

今月の月読倶楽部では、このように、「小籠包から日々の味わいを学ぶ」という、おふざけも多分にありつつ、しっかりとひと月についてお話する、和気あいあいとした賑やかな会でございました。

黙々と日々を振り返るだけでなく、時折始まる参加者の方との雑談から生まれる笑いや驚きも楽しめる月読倶楽部。
来月はどんな美味しい(楽しい)肉汁(雑談)が生まれるのでしょうか。

もちろん、はじめましての方も大歓迎です!
気になった方はぜひ、カレンダーレターの詳細ページをチェックしてみてくださいね。

■月読倶楽部とは?

4月より始まった、自由丁の月一定期便「Calendar Letter」。
「月読倶楽部」は、そのCalendar Letteの利用者限定でお楽しみ頂ける、秘密のオンライン集会です。
月に一度、夜な夜なCalendar Letterを持ち寄り、ひと月を振り返り、会話を楽しみながら日々を味わう。そんなひとときを楽しむ会となっております。

集会は、私がパーソナリティをするポッドキャスト「自由丁FM」から配信するライブ配信を用いて行い、参加者の皆さまはコメント欄から、リアルタイムでテキストにて会話して頂けるようになっています。

気になった方はぜひ、カレンダーレターの詳細ページをチェックしてみてくださいね。

カレンダーレター商品ページはこちら

 

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。