今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

語り継がれるオレンジジュース

選ばれるものより、選ばれないものの方がこの世界にはよっぽど多い。

沢山の何かから一つを選ぶということが当たり前になった世界で、僕らは毎日何かを選んでいて、それはつまり毎日他の何かを選んでいないということでもある。

コンビニでオレンジジュースを買ったなら、それはグレープジュースを買わなかったということでもカフェラテを選ばなかったということでもあるわけで。

なんだか一個しか選べないのは勿体無いような気がやはりする。

それもまぁ仕方ないかとやり過ごせるのは、無限に続くかのように思える「明日」ってやつのせいじゃないかと思ったりもする。

明日はグレープジュースにしよう。
明日はカフェラテにしよう。

次はこうしてみよう。
次こそは頑張ろう。

明日とか次とか、そういう実は不確かなもので、選ばなかったものたちを少しずつ選んでいく。もちろんそれでも選ばないものもあるわけだけど。

明日とか次とか、そういう未来を考えず、ないものとした際の今の選択は、きっと自ずと変わってくるのだとも思う。

別にどういう選択の仕方が正しいとか良いとか言うつもりもないし、答えはきっと何処にもない。

明日が来ないとしても選んだオレンジジュースと、明日はグレープジュースにしようと思って選んだ今日のオレンジジュースで、果たして味は変わるんだろうか。

ただもしかすると、これで最後だとして飲んだオレンジジュースのことは、そしてその味のことは、なんだかずっと色んな場面で語りたくなっちゃうかもなぁとは思う。

そうやってオレンジジュースは、語り継がれていくかもしれない。

何の話かわからなくなってきたけれど、次回があると思っての「選ぶ」と、ないと思っての「選ぶ」は、同じ「選ぶ」という言葉のふりして、どうやら全く違う性質のもののようなので、ご用心を。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。まぁ僕はなるべく全部試しに飲んでみたいけれど。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。