今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

仕事と肩書きのあべこべ

例えばデザイナーはキャッチコピーを考えちゃいけないんだろうか。そんな法律はないじゃないか。例えばエンジニアは内装のデザインを考案しちゃいけないんだろうか。ダメな理由が100個あったとしてもその全てに原理的な根拠はなさそうだ。

会社員が書いた小説よりも、小説家が書いた小説の方が優れているとは限らないし、エンジニアが描いたキャラクターがデザイナーのそれに必ず劣るとも限らない。大学生が考えたキャッチコピーが、コピーライターという職業の誰かが考えたそれと並べられてもどれを誰が書いたかもわからないなんてことも、そりゃあったりもするだろう。

コピーライターだから、見事なコピーが書けるのではなく、見事なコピーを書くからこそ、コピーライターと呼ばれるのだ。という願い。

デザイナーだから、見事なデザインが描けるのではなくて、見事なデザインをするからこそ、デザイナーであるのだと信じていたい。頼むよ。

そういう覚悟の表れとして、プロとしての自覚を宿した言葉としての、「コピーライター」であり、「デザイナー」であって欲しいと、勝手にどこかで思っている。だって、そうじゃないなら、コピーを書くのも、デザインをするのも、僭越ながら恐縮ながら、僕にやらして欲しいなと思うことっていくらでもあるんだもの。

例えば、名前は聞いたことのあるが何が凄いのかよくわからないおじさんが、これでもかって程の高級なアンティーク家具たちや絵画たちアートたちと、これでもかってくらい高給取りなデザイナーたちと一緒に作った作品があったとして、それを見て「あれ、どうしよう、感動できないぞ」って思ってしまったら、なんだかとても悲しいじゃないか。

本日も落書きを読んでくださりありがとうございます。あれ、最初は、職業を絞らないからこそ色んなことにチャレンジできるってこともあるんだよなって思って書き始めたのにな。けれどこの気持ち達も確かに僕の心のどこかにあったってことなんだろう。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。