今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

梅雨の言葉祭

梅雨について、何かを書いてほしいと言われたときに、「もう結構書いてるしなぁ」なんて思ってしまったことを、今更ながらに申し訳なく思う。

その気持ちを頭の中に置いたまま眠ったからか、夢の中で梅雨についてのことを書く自分がいて、あーでもないこーでもないと考えていた。

夢の中の自分は、なかなかに(自分で言うのもなんだが)下手っぴで、書き始めたはいいものの、なんだか上手くまとまらなくて、結局書き終えることができなかった。

目覚めてからも暫くの間、夢の中での気持ちを引きずっていたからか、少し書き出しを考えていて、好きなものをいくつか見つけた。

「シアトルという街がある。その街では年中雨が降っていて、だからこそ時折出会う晴れ間が、雨で青々と育った木々を照らして、とても美しく見えたりもする。」

「梅雨が好きだという人に、僕はまだ出会ったことが無いけれど、もしも出会うときが来たならば、聞いてみたい。お気に入りの傘の色は、雨の日に履きたい靴は、行きたい場所は。梅雨になったら聴きたい曲も、あるのなら聞いてみたい。」

書き出しは、船出みたいなものだと思う。
書きはじめの言葉たちと、書き終わりの言葉たちでは、同じ言葉なのにまるで違う気持ちになる。読むときも書くときも。

書き始めるきっかけになる言葉たちは、いうなれば船だろうか。

梅雨という名の船に乗り、できるならその船を言葉をくれた人と一緒に船出できたら、してみたら、それもまた楽しかっただろうなと、雨の日の中、思っている。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。来年の梅雨は、「梅雨の言葉祭」とかやるのはどうかな。会期は、梅雨入りから梅雨明けまで。梅雨にまつわる言葉を集めて、てるてる坊主にカラフルな傘、レインコートにポンチョを纏って、過ごすお祭り。楽しそうだ。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。