今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

より良き社会は声なき側に

今日聴いているのはGLIM SPANKYとか、Spangle Call Lilli Lineとか、Newspeakとか。

有名だとかみんなが知っているとか、そういうものをただのきっかけとしてのみ捉えてしまえれば、どこそこで知ったとか、友達が教えてくれたとか、たまたま自分で見つけたにせよ、同じきっかけなわけで、あとはもうただ自分の好き嫌いだけで物事を味わえばいい。

僕なんかは常々そう思いたいたちなのだけれど、やっぱり、その良し悪し好き嫌いとは関係のないところで、「みんなが知っている」というのを求められる場面がまだまだやたらに多いと思う。大変だ。

「暑いね」と言われて、誰かが「そうだね」と言ったり、ほかの誰かも「ね」なんて頷いたあとに「そうかな?」と思いはするが口に出さなかったり。そんな些細な事だって、積み重なっていけば些細じゃなくなるわけだから結局の所厄介なのだ。

みんなと生きているのだからみんなのことを気にかけて生きていかなければならない。そんな当たり前、言われなくてもわかってる。わかっているのに時々できない、したくない。実はみんなもそうだったりするわけで、しているわけで、だけどそれは言ってはいけない決まりらしい。

故に今日も、ここではない何処かを目指して綴る僕です。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。故に社会にとっての希望は常に、声なき声の側にある。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。