今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

エッセイの夜明け

エッセイという言葉を、最近よく見かけるようになってきた。

元々使い勝手がいい言葉だとは思っていたが、ようやく少しずつ市民権を得てきたような、使っても恥ずかしくなく、読む側も「あぁエッセイね」となんとなくでもすんなり受け取れるような言葉になってきたんだろうなと思う。

エッセイは、誰でも書ける。
「そんな馬鹿な」と思う方もいらっしゃるかもしれないが、そんな方でも、きっと書ける。

エッセイは、隨筆といわれ、自分の思ったこと、感じたことを書く行為によって生まれる文章のことをいう。そこには文体のルールもヘッタクレも無く、何なら意味が通じていなくたって、それが書き手の思ったことならエッセイだ(と少なくとも僕は思っている)。

雨だ。寒い。にせよ、
夏だ。可愛い。にしても、
白いシャツを着ている人が、明るく見える。だってエッセイだろう。

そもそも言葉とは、人類の歴史の果てに、ほぼ全ての人々が手にすることができるようになった表現方法だ。

僕らには、言葉がある。
それの良し悪し、社会的評価という名の小さな小さな物差しの外側に今、言葉がエッセイが、人々の気持ちたちがようやく溢れ出し始めたのかもしれない。

情報過多の時代から、気持ち過多、情緒過多の時代へ、僕らはいつの間にか流れ着いていたのかもしれない。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。「誰もが表現できる時代」になったんだともう十年以上前に見聞きしたけれど、今ようやく、「誰もが表現する時代」になってきたのだと思えて、夜明け前の静けさが如く、純真無垢に光る言葉たちが世界に射すのを待っている僕です。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。

  • 【月1定期便】日々を振り返り、一冊に纏める手紙

    カレンダーレター / Calendar Letter

    通常価格
    ¥1,760
    販売価格
    ¥1,760
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 誕生日や記念日など、節目の日を迎えるあなたへ/TOMOSHIBI LETTER

    一年後の自分へ送れる「TOMOSHIBI LETTER」

    通常価格
    ¥2,640
    販売価格
    ¥2,640
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 少し立ち止まって、自分の気持ちを整えたいあなたへ/TOMOSHIBI LETTER

    一年後の自分へ送れる「TOMOSHIBI LETTER」

    通常価格
    ¥2,640
    販売価格
    ¥2,640
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 夢に向かって、進むあなたへ/TOMOSHIBI LETTER

    一年後の自分へ送れる「TOMOSHIBI LETTER」

    通常価格
    ¥2,640
    販売価格
    ¥2,640
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • やりたいことを、探しているあなたへ/TOMOSHIBI LETTER

    一年後の自分へ送れる「TOMOSHIBI LETTER」

    通常価格
    ¥2,640
    販売価格
    ¥2,640
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
  • 【エッセイ集】落書きのかけら達 (二ヶ月分)

    落書きのかけら達

    通常価格
    ¥1,760
    販売価格
    ¥1,760
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ
x