今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

終わりと書いて希望と読む

終わっていく今日の確かさ
訪れる明日の不確かさ

ぷしゅーと鳴って閉じるドア
昨日までの僕のおかげで
挟まれることなく乗り込む今日の僕

明日もきっと今日のおかげで
起きる歩く食べる笑うときに泣く

閉じては開くドアの音に驚くことなく
ひとり歩く夜道を怖がることなく
誰かを信じて電車を乗り継ぎ向かう場所

朝、日差しの香りで目が覚める
パンをかじる
珈琲を飲む

終わったすべてが
始まりへと僕の背中を押すのなら
いっそのこと終わりと書いて希望と読んではどうだろう

今日の終わりが明日へと僕を励ます
珈琲を飲み干し顔を上げる

不確かさとは常に
希望にとっての踊り場だろう

空になったコップには
終わりたちを纏った希望がきっと踊ってるんだ

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。終わった昨日が、今日の僕を前へと誘う。未来なんてない。あるのは希望に背中を押された自分だけだ。そう信じていたいんです。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。