今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

主人公について

なるべく手ぶらで
家を出る

雨の日も
水溜りを飛び越えるふりして
傘を片手に踊れるように

晴れの日も
リズムに合わせて
なるべく身体を揺らせるように

このまま例えば電車を乗り継ぎ空港へ
飛行機に乗り何処かへ飛び立ってしまうのもきっといい
そう思える程の身軽さで
曇り空と笑顔を交わす

物語の主人公たる僕ならば
あなたならば大丈夫
物語は自ずと進んでいくはずだから

そんな風にいつだって思えたならば
僕等はきっと踊る幸せを味わいながら
いついかなる時だって
この物語は自分のものだと我が物顔で歩いていける

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。

もしもここ人生では
主人公は予め決まっているのでは実はなく
ただそれは私なのだと信じ振る舞い
幕が下りるその時まで
踊り続けた歌い続けた
演じ続けた人を主人公と呼ぶのだとしたら

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。