今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

酔いしれる美しさについて

一緒に座り話していた人の
語った言葉と瞳を思い出す

僕が好きだと言った本を読み
僕のようだと言ったあなたを思い出す

流れていったあの一瞬は
今はどこにあるのだろうか

僕の中にあるのかと思いきや
もうすぐここを離れていくよと
こうしてあなたに届き
渡っていく最中かもしれない

言葉が好きなのですかと尋ねられ
そうですと
すぐには答えられない自分がやはり居る

言葉が好き
だから書いているのですねとか

言葉が好き
だから綺麗な言葉を綴るのですねとか

そうです
言葉が好き
だから言葉をするのです

そういう問答の美しさに
いつまで経っても酔えない自分に
時折嫌気が差すけれど

問答の美しさではなく
言葉や思考の美しさに
酔いしれていれる自分でありたいものだと

やはり思っているようなのです

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。伝えたい言葉には構造的な美しさが、届けたい言葉には妖艶なまでの個としての美しさが、あるものなのだと思うのです。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。