今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

僕とあなたでようやく世界

どんなに大きく遠く叫んだところで
あなたがいなけりゃこの声も
行き場なく吹く風と同じ

どんなに綴り続けたところで
あなたがいなけりゃこの言葉達も
名もなき山に降り積もる雪と同じ

書かずにはいられないから書き続け
だからこそ生まれる言葉たちは
いつだって自分以外の誰かのことを待っている

世界を望む限りにおいて
存在の確からしさを望む限りにおいて
どんな言葉たちにも
どんな人にも待ち人はいて

それはつまり
愛だ恋だと言い合う以前の
世界が生まれるときの話

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。今ここにある世界を僕が眺めることができるのは、紛れも無いあなたと出会ったということの証明であるということ。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。