今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

秋晴れにて

朝ごはんを食べそびれて
乾き切らない髪と共に走り出す午前九時

秋は涼しい風で背中を押すから
どうやら僕の味方のようだ

こんなに高かっただろうかと
見上げた空の青を瞳に迎えて清々しく
雲を探すフリして右手の親指で押す再生ボタン

流れ始める透き通った声
曲がり角を歩いた先から走り来る陽の光

眩しさにかまけて目を逸らした隙に
通り過ぎていく誰か

本当の美しさが
求めていたものが実は
風のように透明だったとしたら
光のように眩しすぎたとしたら
どうやって抱き締めよう
どうやって見つめようか

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。秋晴れにて個展開催中です。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。