今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

雫について

僕の中に言葉はない
あるのは流れていく時間と
小さく確かな心の機微たち

そしてこの目に映り届いた
今はもう既に記憶になった光景たち

自分を肯定して生きていくとは
他人を否定していい理由にはなりえないけど
自分を信じ切ったが故に
気付かぬうちに傷付けてしまった人達もきっといて

顔も声もわからないその人たちも
記憶の中の光景たちには存在している

すべてを零さぬように生きていくには
この掌も心の器も充分には程遠く
だからこそ
日々こぼれ落ちていく雫たちがあることを
強く強く覚えていたいと思う

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。自らも誰かにとっては雫であることもあるのだと憂いながら、受け入れながら。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。