今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

私達がつくった青空

楽しくやれているだろうか。

心の底から、なんて言葉を考えるのが億劫になる程に優しく心地よく、思わず微笑むように、生きただろうか。

何かを考え、何かを決めて、誰かと出会い、誰かと企て、走り切り、そうしてやがて去るその場所で最後に思うだろうことについて、あなたは今どう思うの。

季節は巡り、またいつか訪れる懐かしい季節で思い出す今日のこと。昨日のこと。あの人のこと。私のこと。

きっともう朧気で美しい記憶たちが踊る、あの夏の日のこと。あの冬の朝の出来事。春の夜風に吹かれて笑った日のこと。今日みたいな秋の日のこと。

青空の中に溶けていく僕等の声。
日差しに乗って地面に染み込む今日の全て。
無くなってしまうんじゃないよ、混ざり合ってまた新しい世界の綺麗な光に、澄んだ空気に、優しい雨音になっていくのさ。

今日も、今日だって、世界を美しく彩る私であなたで僕で僕等だ。

深呼吸して、そう思ってみて、
少し微笑む透き通った青空。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。今日は十一月二十三日、いい文の日。きっと来年も思い出す、明るく優しい秋の一日。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。