今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

何処吹く風の美しさ

近所のカフェに行き、コーヒーを注文する。
待ち時間で店長と他愛もない会話をする。

互いに互いのことを程よく覚えているからこそできる会話、生まれる他愛に、心を少し撫で下ろす。

コーヒー片手に次の予定へと向かい店を出る。
決まった時刻に決まった場所で、誰かと当たり前のように待ち合わせることのできる幸せをふと思い出す。

すっかり肌寒くなった通りをそんな記憶と共に歩いていく。

きっとすれ違う人それぞれに待ち合わせている人、程よく覚え合う人が居て、そんな記憶と記憶で助け合い、支え合いながら人と人とはもうずっと長い間暮らしてきたのだろうな。

そんな当然のように聞こえることや、覚えていることと、覚えてもらえていることの幸福を忘れていた僕の、なんと不幸なことだろう。

そんな自分を慰めるようにコーヒーの温もりが掌を伝わり胸へと届く。

風吹く道での、目には見えない今日の話。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。正しさも間違いも、善いことも悪いことも何処吹く風で、今日も世界はきっと美しいのだということを思い知る。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。