今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

年末年始へ向かう船

街に出れば
もうここが年末という地へと向かう船の中なのだと気付く

忙しなく行き交う人々や
何やら大きな買い物袋を抱えて歩く親子まで
一つの船で同じ地を目指す人々なのだと思うと
何だか途端にほんの僅か安堵する

何も考えずに歩いてしまえば
すれ違ってしまえば
少し恐怖すら感じうる慌ただしい街の中

けれどもこれがせっせと舵を取り
皆が一丸とならねば動かぬ船であるなら
そこには確かに
目には見えない信頼が信用が流れているはず

冷たい波風に人の波に世間の気候に
時にあたふた
時にしどろもどろしながらも
なんとか皆で辿り着く
年末年始という島々

温暖気候な部屋の中
コタツでぬくぬく過ごす夜を夢見て
どんぶらこ

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。さぁもうひと頑張り、しようかな。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。