今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

風の歌が聴こえる

風の歌
という言葉が今朝から頭を離れない

村上春樹の処女作か
もしくは何処かで耳にした知らない誰かの歌声か

いずれにせよ
何処かで僕はその歌を聴いたのだろう

いやもしかしたら
風の歌
きっと其れを僕等は昨日も今日も
聴いていたのかもしれない

風は吹いているのでは無く
歌っているのだとしたら

僕等は常に
歌の中を生きていて
それに言葉を楽器を合わせて音符を付けて
言葉をつけてせーので奏でて
そうして出来た何かを僕等は音楽と
呼んでいたりして

だから時として僕等は
風と共に踊るのかもしれず
歌うのかもしれない
笑うのかもしれない

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。空想で構わない。妄想で構わない。ただ忙しく生きるだけの僕にあなたにだけはならぬ様にと、楽しさを安らぎを混ぜ込むように例えば僕はこれを書き、お気に入りの音楽を今日も聴くのだ。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。