今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

風の言葉

風に生まれを尋ねたとして
鳥に行方を尋ねたところで
僕等は答えを知る由もなく
ただ放たれた言葉は
やがて空へと帰ってゆく

道端の椅子に腰掛け
飲み干した珈琲

通り過ぎていった
誰かの後をついてゆく仔猫

同じ格好が揃って歩く平日の昼下がり

冷たさが僕を何処かへ追いやる冬も
暑さがあなたを何処かへ誘う夏も
幾度と無く過ぎて行ったはずなのに
僕は僕で
あなたはあなたで在ったのだという偶然

鳥が放った言葉が溶け込み
澄んだ空から風が歌い
ただその中で僕とあなたは言葉を交わし
やがて僕等になってゆく

偶然も当然も
奇跡も運命も同様に連なって
今この時
辿り着いた束の間に何を歌おう
一体何を奏でよう

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。僕が僕で、あなたがあなたで在り続けるというのは、実は大変なことなんじゃないだろうか、と。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。