今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

遠くへとゆく言葉

読書する人達に並んで、文章を書いていることに気付いて、なんだか不思議なものだと思う昼下がり。

いつの間にか読むことよりも書くことの方が増え、時折酸欠気味のように言葉なのか刺激なのかが足りなくなって、旧友と他愛も無い話をしに出掛けたり、大きな空を求めて空港へ足を運んだり。

もう暫く遠出をしていない。
代わりといってはなんだけれど、お店にも、個展にも、遠くから来てくれる人が居ることの有り難さが本当に身に沁みる。

そういう意味では僕ではなく言葉が、前よりも少し遠出をしてくれるようになったのかなと思えたりもする。

書くことの歓びとは、もしかするとそういう処かも知れぬ。そう思える程には書くことに向き合い始めた自分がいるのかも知れない。

今更何をと思うかもしれないけれど、僕はまだまだ無知で未熟で、何を本当に自分が望んでいるのかも曖昧なまま、ただ書く手は止めず、歩む旅路も中断することなく、進んでいけたらいいな、なんて思っている次第です。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。言葉と出会う展、第二弾、お越しくださった方々、応援してくださった方々、本当に有り難う御座いました。すべての出会いを引き連れて、次の景色へと共に向かっていけたなら、幸いです。燃え尽きた心が、今尚希望に踊る心に連れられて、次の未来へとゆっくり全速力で向かっております僕であります。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。