今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

春の詩

春風だと名付けたのは
一刻前の私であり

春一番だと世界に言ったは
確かいつかのニュースキャスター

青春の中で
光よりも輝いていたいつかの君は
今日は何処かで
青い服着て新たな誰かを照らしてたりして

緑に変わりゆく土手の芝生
少し早めに咲いた花々
祝うように集い眺める春の人々

優しい歌が聴こえてきそうな青空が
花の色が
私に君に
春という言葉の色を教えてくれる

嬉しいばかりの人生じゃないだろうから
悲しいばかりの人生でもないのだと
言いたげな春の香りが通り過ぎる

訪れる春の中へ
新しい起承転結を呼び込み
歩んでゆく私達

聴こえる風の音色に耳を澄まして
眺める草木の色彩で心を染めて
春を纏って歩んでゆくのさ

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。春の中を笑ってゆこう。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。