今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

幻の同じ珈琲

毎日のように飲む珈琲ではあるけれど、
毎回同じ時間に、同じ場所で、
同じ気分で飲んでいるわけではなくて、
その時々で考えることも思いつくことも、
そもそもその余裕の有無も異なるわけで、
故に「同じ珈琲」なんてものは殆ど無いんじゃないかとさえ思う。

例えば今日思いついたことを、
即座に行動に移した僕は一人でソワソワし、
気づけばマグカップは空になっていた。

昨日は確か、
もうひと頑張りと思って夜中に淹れた珈琲を、
二口飲んだ位で結局僕は力尽きて眠りについて、
朝方に起き上がって、冷めた残りの珈琲をゆっくり飲んだ。

味とは、舌で感じるすべてなのだとするならば、
きっと同じ味はあるのだろうし、
同じ味だと思えることもあるのだろう。

けれど、同じ珈琲だったかと問われれば、
それは味だけの話ではなく、
その時の空気、雰囲気、景色、温度、湿度、
気分、体調、その他もろもろを含めた体験の話なのだと僕は受け取る。

故にやはり、「同じ珈琲」というものはもう二度と無い体験なのかもしれぬと、思うのです。

本日も落書きを読んでくださりありがとうございます。
「同じ文章」も、きっと無い。
「同じあなた」もきっと居ない。
「同じ明日」もきっと来ないよ。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。