今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

彩る言葉と理由の詩

衣替えした姿の街並み
人々はあいも変わらず無言で行き交う

これだけ人が居るのだから
笑いの一つ二つや
偶然の出会いの三つや四つ

起きて笑った声色が
響いて和んだっていいのに世界

あぁ例えばいつかの
灰色に見えた窓の外も
街の空もあなたの声も
明るく青く
濃く鮮やかに
この目に映る日が来るのだろうか

いつかの虹色みたいに
思い出す日が来るのだろうか

来るんだろうねって
なんの根拠もないくせに
優しい音で誰かが空に放ったんだ

そんな言葉を
そんな詩を
友達から聞いたんだよねって
何処かで見たんだよねって
この後誰かにあなたに
話してみようかな

そしたらきっと
少し世界はもう少し
色付く気がする静かで雑多な世界の片隅
灰色が季節に混ざり彩る今日の街角

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。根拠なんてなくたって、説得力なんてなくたって、言ってもらえたら、伝えてくれたら嬉しいことって、世界が少し明るくなったり暖かくなったり、色付いたりすることって、ありますよね。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。