今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

街が奏でる

僕はよく音楽を聴きながら歩く方ではあるけれど、街の音を聴きながら歩くのも悪くないなと時折思い、イヤフォンを外して歩くこともある。

近所の人と人との話し声や、歩く人の足音、車が静かに通り過ぎる音、木々のざわめき、遠くで子供たちのはしゃぐ声。鳥の鳴き声、犬と犬との会話まで。静かな街なら耳を澄ますまでもなく聴こえてくるだろう優しい音の数々。音色の数々。

音を楽しむと書いて音楽なのだから、きっと楽しむ心があればどんな音も「音楽なのだ」と思っていいんじゃなかろうか。

そんなことを空に向かって思えるような、静かな街並み。そう言われて思い出す、僕にとっての景色たち。あなたにとっての記憶たち。

音楽は何処にでもあるんだよって、いつか見た映画の主人公が言っていたのを思い出した、街の音。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。あなたの声も、友達同士の会話たちも、きっとつくっている、奏でているだろう音の話。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。