今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

臆することのない僕ら

書を捨てよ町へ出よう。
そういう題名の本を子供の頃に受け取って、パラパラとめくって読んで遊びに出かけたいつかの晴れの日。

誰にも会いたくない時ほど街に出よう。
そういう歌詞を優しく歌ってくれる曲を見つけて、ただ一人で聴いて歩いて過ごした静かな日。

色んな事を試しては、じゃあこれはどうだろう。そしたらあれはどうだろう。そうやって自分の足で、ゆっくりゆっくり、迷いながら歩いてきた日々。

その道すがらで出会った人々、これから出会う人に人。道へと街へと背中を押してくれた本が曲が人が何かがあったからこその、居たからこその、今の私であるという逃れようのない事実。あぁそれを人生と呼ぶんだっけと思い出す今。

何も、臆することは無いのだと思う。
人には人の、あなたにはあなたの人生があり、その果ての今に何を見つめて何を思うのかを、誰に正される筋合いも無いのだから。心の中で堂々と、声に言葉に真心込めて、瞳を見つめて語ればいい。貫けばいい。

今このときに、常に今このときに、辿り着いたあなたも私も、唯一無二という言葉に相応しく、違った心の持ち主なのだから。違う道のりを何処までもゆく旅人なのだから。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。何事も結局は、自信を持った人が最強なんだよなぁと度々思い至っては忘れてを繰り返す、いつかの私で、今日の僕です。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。