今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

朝の中の私

アラームにしている音楽が何度目かのイントロに入ってようやく、朝が来たのだと目を覚ます。

そのまま部屋のスピーカーでその曲を流し始めて、起き上がり部屋を出る。

顔を洗い、歯を磨き、着替える。
音楽はすでに次の曲に変わっていて、
時間の流れの早さを遠巻きに感じる。

冷蔵庫から麦茶を取り出し、
二杯ほど飲む。
冷たさが身体を満たす。

静けさに耳を澄ますように息をする。

ただ緩やかに佇む心と、
進み続け動き続けたい心意気とが、
共に麦茶を飲み過ごす。

これこそが私なのだと言える端的な言葉を持たずとも、それこそがあなたでしょうと認めてもらえる生き様もあるのだと、ぼんやりと思い出す。

この掌は確かに私で、
ここから生まれる全ては確かに私らしさを纏っていると信じるならば、この眠気も、麦茶を飲み思った冷たさも、聞き入り浸った静けさも、きっとやがては私のものになるのだろう。私らしさになるのだろう。

今日の天気を確かめ着替え、
いつものバックを抱えて家を出る。
紛れもない私が今日もゆく。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。らしさと向き合い、今日も書く。自分とは何かと考え、今日も書く。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。