今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

思いつきたち

短歌、というものを少し書いてみようかという気になっている。

ルールがあるのだといわれて、ちゃんと守ることを考え始めてはみたものの、自由が故の僕だから、すぐに窮屈な気分になりそうで、もう既に困っている。

ルールがあるから、分かりやすくなるのは世の常だから、時々はこういうのもいいかなと思いつつ、さて何についてを書こうかと考えている。

短歌はどうやら、季節を一つに絞らねばならぬらしい。それならば夏だろうな、初夏だろうなと、普段の書き心地を思い出してはぼんやり決める。

どうやら僕の書く言葉たちにはもうすでに「らしさ」とやらが色濃く出ているのよと、信頼する言葉友達に目を見て言ってもらったので、僕が真剣に書けばきっとそれは僕らしい文章になるのだろうなと、自然体で思う昼。

小説も、短いものではなくて長いものを、ちゃんと長く、書くのも時間がかかるような、危うくその世界から帰ってこれなくなりそうなものを、いつかそのうち書きたいものだと思っています。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。作詞もね、近々やってみようと思っています。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。