今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

彩りの今日をそれでも

帽子を被り競馬新聞を読む中年の人。よく見る当たり障りのない柄のスカートを履く社会人。チェック柄の半袖シャツを着て立つビジネスマン。

電車の中を眺めるだけで、多様だなと思う。別に誰のことを知っているわけでもなく、きっとみんな国籍は日本だろうし、同じようなテレビドラマやアニメや漫画の名前もいくつかはきっと知っているのだろう、そんな人々。

そうやって毎日なんとなく、色んな人がいるなと思い、生きている自分。色んな人のうちの一人の自分。

今日も何処かで誰かが生まれ、誰かが去り、誰かが涙し、誰かが誰かと恋に落ちる。

その数多の連なりの中、偶然近くに巡り合わせた人と人とで親しみ合う。語らう。支え合う。

そうやって人は今日まで生きてきたのだから、知らない人を知らないことに罪などなく、手の届く距離にいない誰かを救うことなど難しく、今日も僕らは偶然と神秘の物理法則に従い地表を歩き空を飛ぶ。悩み考え泣き笑い、愛し愛され夢を見る。

そんな当然に苛まれ、イロトリドリの人と人とで生きている。明日もきっと生きていく。

それを自由と誰かが呼んで、誰かが求め、僕らが手にした。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。カラフルな今日を、自由気ままに生きてゆけ。そう歴史が今日が、僕らに語りかける。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。