今朝の落書き

オーナー小山が毎日書く詩やエッセイ
考え事、悩み事の言葉たち

inside you journal -2

温もりさえあればと知るのはなぜか大人の少し先。子供の頃に夢中で求めたはずのものたちの行方。途方に暮れて見渡す天上の世界。答えなどない場所の自由。不安が優しく頬杖をつく。見つめ合う居間のこと。

触れたのは肌ではなくてあなただったというのになぜか。それに気付かず眠りこけた若葉の頃。雨粒が滴ることの儚さと艶やかさを知ったのは暫く経ってからのこと。私が私になったのは恐らくそれからまたいくつかの山を越えてのこと。

知る由もなく他人のような素振りでゆく荒野。森林。海の果て。理屈も科学も消えてただ温もりだけが残った頃。輝くものが宝だと知る。

本日も読んで下さりありがとうございます。透き通る季節が私を通り落とした詩。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。