今朝の落書き

オーナー小山が毎日書く詩やエッセイ
考え事、悩み事の言葉たち

木漏れ日

あの人は、森の中へと帰ってゆく。
その理由を聞くこともなく、
ただ私は知っている。

あの人は、独り広い所で夜を明かす。
その理由を知ることもなく、
ただ私はわかっている。

あの人は、人知れず美味いものを食べる。
その理由を誰に言うでもなく、
ただ私もそうしている。

私はここでは到底生きられぬから、
空想し、小さな種を生み、育む。
それは森の中でこそ、為し得ることだ。

私はここではとても居心地が悪いから、
妄想し、小さな種を生み、育む。
それは自分の中でこそ、為し得ることだ。

私はここより、森の中へと歩いていく。
あの人はきっと、この辺りで昨夜過ごしたのだろう。
あの人はきっと、あの辺りで寝そべり空を見上げたのだろう。
あの人はきっと、その辺りで焚き木でもして、釣ってきた魚を焼いたのだろう。

森の住人たちが、鳴いている。
私はそれに合う詩を書き、口ずさむ。
夜が更ける。やがて朝日が昇り、葉から光を含んだ水が滴る。

風が、緩まった手の内から優しく私を撫でる。
掌から温もりが顔を出す。

それを見て森が微笑み、私の背を押す。
私は森の外へとゆっくりと、帰ってゆく。

本日も読んで下さりありがとうございます。書き始めたときに、「あれ、詩を書くつもりは無かったのにな」と思いつつも「まぁいいか」と私は私を止めず、気付けば大切なことが沢山詰まった、好みの詩ができていました。あなたにも気に入ってもらえたならいいな、と思いました。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。