今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

「またね」

 「またね」


今日、去っていく人がいるように、今日、新しく出会う人もいる。
出会いと別れ、なんて言葉にすれば、両方ともひらがなでたったの三文字。
けれどもそんな三文字で言い表せない人間模様がそこにはしっかりはっきりあることを、多くの人が知っている。

たとえば、去っていく人がいたら、「寂しい」という言葉だけでは到底表現しきれない感覚に襲われることを、多くの人が身をもって知っている。

涙を流す人もいるだろうし、
茫然と立ち尽くす人もいるだろう。
「あー寂しいー」とか「うー寂しいー」とか、延々と友達に言っている人もいるだろう。僕だろう。

三月は別れの季節というけれど、
四月が出会いの季節だということを考えると、三月はその出会いへ向けての準備をしているとも思える。

だから別れは、新しい出会いの始まり、とか、
何かの終わりは何かの始まり、とか言うわけだけど、まぁそりゃそうか、そりゃそうだ、と思う。

ただ、そんな次のことより何よりも、まずは今、終わりの今を、去りゆく今を、ちゃんと味わい、見送ることも、あっという間で、それでいて長くて、多分一回きりの人生の醍醐味なんじゃなかろうか。

去りゆく今、たとえば別れるとか、
終わりとか、たとえほんとにその時が訪れたとしても、
大好きな人には、人へは、「またね」が良いなと思っています。

「またね」には期待と、好意と、寂しさと、悲しさと、願いが全部、入っているような気がして、去っていく人と交わす言葉にぴったしだなぁと思うわけです。
出会いと別れとおんなじひらがな三文字ですが、こちらはなんとも複雑な、その時の気持ちを見事に表している三文字だなぁと、思うわけです。

本日も自由丁、ひらきます。
寂しいと思えるのは、それだけ楽しかった、嬉しかったをもらった証。
そんなすべての去りゆく人へ、ありがとうございました。
次の旅路も、どうか良きものになりますように。
またね!

 

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。