今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

精一杯に、感動していたい。

全力だったり、精一杯な人を、
とても格好良いなぁと思うんです。

そこには、新しいも古いもなくて、
上手い下手だってほんとはなくて、
ただもう目の前のことたちを両手に抱えて、考えて、生きている。

格好つけてる場合じゃないんすよ、
諦める余裕もないんすよ。

そういう姿が、やっぱりどうしたって素敵で美しいなぁと、僕は思います。

「余裕がない」って、なんだかネガティブなイメージが付いてきやすくて、それに今の時代の空気感も相まって、なんだか駄目なんじゃないかって、余裕がない最近の自分ダメだなぁって、帰り道にふと思うこともあります。

けれど、そりゃ逃げた方がいい時もあるのも知っているけれど、逃げたくないと思えるほんの小さな勇気という名の余裕を胸に、ちゃんと誰かの肩を借りながら、支え合いながらも必死に進んでいく。

それってやっぱり、
最高に格好良いなって、
僕の周りにいる、ちゃんと誰かに余裕を分けてもらいながらも日々を必死に、精一杯、いつだってどんなことにも正面から全力で向かっていくあなたに、あなたに、あなたを見ていて、改めて思い知った僕でした。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。
名言めいた台詞を語る壇上の誰かよりも、
何やら挑戦をしたテレビの中の誰かよりも、
何かを成し遂げ終えた紙面の中の誰かよりも、
たとえば夜遅く「今日も疲れたなぁ」って思いながら家路につく誰かに、感動していたい。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。