今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

昨夜の落書き

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
昨日家に帰ってきてから、とんでもない頭の痛さと気持ち悪さが僕の元を訪れまして、それでもまぁ書けるだろうと思っていた僕のなんと浅はかだったことか。

ということでこれは「今朝の落書き」でありつつも「昨夜の落書き」として書いているものでありまして、本日のみそういうタイトルでご了承頂けますと幸いです。

「こういうことがあったよ」というだけの、特にオチもない話をするって、難しいんだなと最近思います。

「へ〜」と返してもらえたらそれでいいはずが、何故だか話しずらかったり、何故だか最後まで伝えるのを躊躇したり。

ただ子供が「今日こんなことがあったよ!」というように、なかなか大人は言えないようにいつの間にかなっていたんですね。びっくり。

そういう意味では、「こんなことがあったよ!」を心地よく話させてくれて、快くそれに対して反応してくれる、というのは紛れもないお父さんお母さんお爺ちゃんお婆ちゃんから子供への愛だったのかもしれない。

その時は気づかないけれど、こうやって気づく愛の存在もあるんですね〜。

本日も落書きを読んでくださりありがとうございます。今日はもう一本、描きますよ。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。