今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

音楽のような未来

インタビューして頂いた記事を読んでいて確かに、未来の話をここ最近はしていなかったなと気がついた。

世界がどうなるとか社会がどう変わっていくのかという話に気を取られて、自分がどうなっていきたいのかとか、何をしていきたいのかとか、そういうことを人前で、というか誰かの会話の中ですらしばらくしていなかったんじゃないか。

未来のことを考えるのは、ワクワクする。
このワクワクが、少しでも多くの人へ届いたらいいなと思う。

たとえば不安ばかりの日々に、目の前の今を乗り切る毎日に、不似合いでも不格好でもいいから、ちょっとニヤリとするような、フワリと明るい風が吹くような、多分明日には忘れてしまっているような、けれど心がしっかり少し軽くなるような。

僕の未来が、誰かにとってのそういうものに少しでもなれたなら。

そんな淡い期待をするに足る、
というかそもそも読んだ僕がニヤリとし、フワリと風を感じて明るい心地になったわけでして、するともういつかの僕が語った未来は見事に今日の僕にとってのそういうものになれたのだとも思えてきて、もうすでに嬉しい限りです。あっはっは。

ありがとう、いつかの僕。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。

どんな未来にせよ希望にせよ期待にせよ、聞いたところで読んだところで、結局は他人の話。

僕はあなたにはなれないし、どんなに頑張ったって願ったってあなたの未来を依頼されて請け負って完成させることは叶わない。

だからやっぱり、風のように光のように、大好きな音楽たちみたいに、あなたの日々に優しく寄り添えたら最高だなって思うんです。

いつもどうもありがとう。

———————–
インタビュー後編公開されました!
[ 後編 ]一人一人が素直に生きられる世界を目指して|自由丁オーナー・小山将平|ぼくらの現在地vol.3
https://note.com/robertsmkt/n/n0e7793ccf902

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。