今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

僕にとっての社会や世界

シアトルに住む大好きな人が書いた絵がプリントされたTシャツを買った。届くのはきっと2週間後かもう少し後だろうか。

自由丁というブランドにせよ、今ある蔵前のお店にせよ、どうしたらもっと健やかに続けていけるのか、半永久的に続いて欲しいというよりは、健やかに生き、変化し、自然体のまま無理せず育っていくには育てていくにはどうしたらいいんだろうか。

自分の語った言葉が記事になったり、時折テレビに映る自分の言葉を聞いて思うのは、この人の言っている世界とか社会というのは、なんだか尽く、目の前の一人とか、顔の見える誰かという意味のようだと自分で自分に思ったりもします。

手の届く誰か、必要としてくれる人、その一人目としての自分やあなた。そういう確かな存在こそが僕にとっての世界であり社会であり、平和を望む対象であり。

今日も、身近な世界から社会から、少しでも優しい世界にするにはどうすればいいか、というかそこからしか、僕にはどうやらどうすることもできないんじゃないかなぁなんて、思ったりしています。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。少しずつ少しずつ、自分にとっての社会という言葉の意味を、世界という言葉のイメージを、広げていけたらいいなと思いながら。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。