今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

輪郭について

自分という存在の不確かさに比べたら
今日も変わらずそびえ立つ
あの塔の確かさといったらもう

思わず目を逸らしてしまいたい程
確かにそこに立つ美しさ

今朝観た夢のことを思い出し
しばし浸り思うのは
無邪気さとは真面目さの中にあるのだということ

曲がり角をゆっくりと走りゆく
あのバイクに積まれたピザの香りが今したような

すべて
私が受け取り読むのなら
それは手紙と言えるだろう

ようやくそこで
言葉とはただの言葉であるのだということを思い出す

自分の確からしさにせよ
夢の中での気付きにせよ
ピザの香りにせよ
ただ思うのならばそこにあるのは等しく言葉で
受け取るのなら感じるのなら触れるのならば
そこに言葉はいらないのかもしれない

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。例えば僕の輪郭も、僕に触れる人を以て確かなものになるのだろう。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。