今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

幸せと人生の時間配分についての難題

近所での打ち合わせを終えて、小さな自転車に乗りのんびりフラフラしていると、顔見知りのオジちゃんに声をかけられ、気付けばお弁当屋の前の路上に出されたテーブルで、一緒に天丼を食べていた。

他愛もない話を暫しして、一頻り笑い、はじめましての方々とも出会い、また会いたいな、まだ居たいなと思いながらその場を後にする。

街の一部としての自分。
夜な夜な画面と独り向き合う、世界の小さな一部としての自分。

そのどちらも必要な、一人の自分。

一日の足りなさを、日常の幸せな難しさを感じる、二度はない今日という日。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。幸せになりたいと思う人には出会うけれど、その先にあるのはどうやら、どの幸せにどのくらい、あなたは時間を人生を費やしますかという、これまた大きな難題で、こりゃ人生果てしないわと思う次第です。あはは。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。