今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

自分次第は他人次第

忙しいなぁと思う。
気が休まるような時間の在処を、もうずっと探す間もなく生きている。

それでもいいやと思う自分と、そんなの嫌だと思う自分。そのどちらも正しく僕の中に存在していて、心地良いわけでもなく、けれどただ、僕の大事な人間味に纏わる部分でもある気がしていて、無性に愛おしかったりもする。

眠気に襲われながらこれを書いている自分は、果たしてどちらの自分なのだろうかと思ったりもして、そんなの自分じゃもはやわかる気もせず、独りの不確かさを思い知る。

自分次第という言葉にしたって、その言葉の裏の決断にせよ行動にせよ、支えてくれるのは自分以外の誰かであり、自分を自分で支えられるようにそもそも僕らの身体も心もできてなんていないのだとつくづく思う。

自らが倒れかけたとき、落ちかけたとき、手を差し伸べられるのは自分以外の誰かであり、自分はその時、一部始終を見ていることしかできやしない。そんなことを書きながら思いながら、眠りの中へと落ちていく。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。独りではない、なんて人がこの世界に本当はどれ程いるのだろうか?と思う。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。