今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

無音ですらも音楽と

レコードを流していると、なぜだろう、音楽が止むことによく気が付く。

音楽という無形のものが黒く丸い板が回ることで流れ出しているのだという論理を纏う、とでも言えばいいのか。

そこには再生/停止ボタンを押す行為とは全く異なる情緒条理が存在しているのだと思わずにはいられない。

一曲が流れ、その連なりとしての次の曲が流れ始め、その終着点としてレコードが回転を止める。

好きな曲とそうでもない曲が連なりの中での手を繋いで、総和としての音楽を僕に届ける。

一曲だけが切り取られることで知らず識らずのうちに社会から失われていった音楽の楽しさを思い出す。

曲から曲へ切り替わる無音ですらも、音楽家たちは奏でているのかもしれない。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。切り取るところを間違えれば、捉え方を雑にすれば、たちまち失われていくものがあるのだということを思い出す。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。