今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

ひと時の所在

切っては伸びゆく前髪が、僕に季節の移ろいを告げる。もうあっという間にクリスマスですよと、明るい声が僕へと響く。

大きな扉を開けて入ってきてくれる誰かの声に耳を澄まして、秋晴れの青空が揺れるのを感じる。

今日もあっという間に終わるということと、夏が秋が気付けば過ぎ去っていくということの連なりを、僕はいつまでも心の何処かで静かに疑ったまま、生きていくのだろうなと思う。

今日がもう終わることに、秋がもうすぐ冬へと変わっていくことに、少しでも抗いたくて夜更しをする。寒空の下を散歩する。

止まらない時間の中、永遠に忘れるものかと自分に言い聞かせた一瞬たちの所在を確かめる。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。そういう一瞬たちに押され守られ、時の流れを泳ぎ抜く今。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。