今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

思いと言葉の優しい差分

思ったことと言ったこと
その差分にどうやら優しさが
時には愛しさが
憂いが未熟さが恋しさが
詰まっている

そんなことを教えてくれた
白く冷たい風のような手

どうやら言葉だけではわからない
心の内があなたにはあり
僕はきっとずっと言葉と共に探し回って
分からずじまいな少年のまま

幾年月が経った今なら
友の恋の愛のいくつかを旅して
言葉にならない瞳の奥の秘密に触れた今ならば

新しい誰かの
例えばあなたの心の内で
言の葉が揺れる風の音も
育つ木の根の小さな小さな日々の機微も
わかるだろうか
伝わるだろうか
大切にできるだろうか

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。言葉にならないすべてを抱き締められたら、愛せたら、きっともっと僕らは笑える。そんな気がして思い出す白く美しいひと時。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。