今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

名場面の詩

深夜零時を回ったら
聴こえ始める新しい詩

他愛も無く
光も無く
目眩く僕の今日を
優しく導く声を聴く

この先にいる誰か
そんな名前の温もりだって
きっと僕等抱き締められんだ

いつか辿り着くんだその掌へ
いつの日か訪れるんだ
僕の元へだって希望の光
奇跡の切符

その日は来るのか
向かうのか

やがて訪れるのか
辿り着くのか

何れにせよ其処で風は吹くだろう
空は晴れ光が射すだろう
そして僕等は笑うだろう

そう信じていたいんだ

いつまでだって
そう信じていて欲しいから

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。まだまだ自分が主人公の物語だと信じていて欲しいんです。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。