今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

日常があるが故の

自分が何に頼って日々生きているのかというのは、やはり自覚するのが難しいなと思うんです。

例えば毎日乗る電車や歩く道、会話する人々。いつもの風景のそれぞれが一体自分の何にとって大切なもので、関係があって、かけがえのないものなのか。

失いかけて、もしくは失う恐怖みたいなものをちゃんと想像して初めて、自分の心のどの部分というか、感情というか感覚というかが反応するのかわかるような気が、するんです。

つまりは何かを獲得していく場合よりも遥かに、何かを失う恐怖によってこそ、自分自身を把握しやすかったりするんじゃないか、なんてことも思ったり。

いつもの道に、街に、景色に、風景に、部屋に、人に、頼るからこそ僕にあなたにできることができているわけで、欠けてしまえばそりゃあ今まで通りとはいかないよねって、なんだか久々に思った次第です。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。日常というものがあるからこそ、毎日何かを続けることができるし、新しい何かを見つけにだって出掛けられるのだということ。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。