今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

自然のうねりを眺める

山梨へ行き、あっという間に東京へと帰る電車に乗っています。

緑だらけだった景色から、ちょっとうたた寝したらもうコンクリート色の景色へとすっかり車窓からの眺めも変わっていて、恐ろしい国だなぁと改めて思ったりなんかしています。

山梨にももちろん、豊かな仕事をしている人達が居て、豊かな日々を求めて集まる人も居て、それは確かに山梨だからこそ巡り巡って生まれた物事、辿り着いた人々なわけですが、そこから確かに、僕は僕で、蔵前のことや自由丁のことを思い出しては、なるほどなぁとか、そうだよなぁとか思いながら過ごした週末でした。

地域、という言葉に頼れば、甲府も蔵前も、東京も山梨も同じように扱い考えられはするものの、当然ながらそこから今に立ち現れる景色や人や物事は異なるわけで、その自然の摂理にこそ、僕は面白さを感じます。

「面白い人がいる」とか「ユニークな取り組みが行われている」とか「いいお店がある」とか、それぞれの地域できっと色々あるけれど、僕たちはその事例や人、物事から、人を含めた国の、社会の、大きな大きな自然のうねりを眺めているとも言える。

そんな気が改めてした、山梨でした。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。いつもと違う場所で、いつもの場所のことを思う面白さ。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。