今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

傘の外の欲望

一体何が自分にとって大切か。
わかったつもりの私は雨の中、傘を刺して歩いている。

荒れ狂う風たちは何を言いたいのかもわからない。それがどうしようもなく愛らしい。その気持ちのまま、私は何が言いたいかもわからないまま今日もこうして言葉を重ねる。

濡れるのが嫌になったのはいつの話だ。なぁ人類よ。動物よ。意味の通づる相手としか生きていけやしないと気付いてから、希望は常に赤子か犬猫か、雨風の中にあったのだろう。

涼しい顔して普通だなんて目つきの街に紛れて、ダブルショットのラテを飲む。落ち着きたくて摂取するカフェインを、本当は踊り出したいのだと言わんばかりに飲み干していく。静かに確かに覚醒していく眼と頭の先で、ガラスの中で雨が降る。傘が踊る。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。普通なんて、実は誰も望んでないんじゃない?

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。