今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

明日の自分へ片道切符で夜を征く

夜遅く、終電に乗る人達。
帰るのではなくこれから何処かへ行くのだという人が、この中にどれだけ居るだろうかとふと思う。

腕を組み目を瞑る人、イヤフォンをして何やら画面を眺める人、窓の向こうを眺めてあくびをする人。こうして何かを綴る人。

あなたの今日はどんな日だったんだろうか。明日は何処へ、行くんだろうか。僕は何処へ、行こうか。

明日は一体何を綴るのかさえままらない僕からしたら、帰る場所がある僕も、明日向かう先があるあなたも、幾分かは確かな存在だろう。

人が、分からないという不安を愛せるようになるのはいつだろう。確からしさという幻を信じなくなる日は来るんだろうか。

この問いの答えは、明日のどこかにあるんだろうか。いつかの明日に、あるんだろうか。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。帰るのではなく、明日の自分へ向かっているんだとしたら、一体何を抱えて僕はあなたはこの道を征くのだろう。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、毎月発行のエッセイ集など。自分と向き合い過ごす時間を彩る商品たち。ご自宅でお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。