今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

尊い今日を比べたとして

「あれ、あの言葉っていつの記事だったっけな」
そうやってネットサーフィンして、これでもない、これでもないなぁと思いながらも、面白いなと思って色んな記事を当たっていったら、やがて「うっわめっちゃ面白い記事読んでしまった」なんてことになって一人満足感に浸り画面を閉じる。

あれ、何がしたいんだったっけな。まぁいいか。その繰り返しの果てに辿り着いた、画面を閉じた静かな世界。楽しげで愉快で知的な言葉で満ちた全身。

立ち上がりドアを開けて外へ出る。
夏の夕暮れ。自転車が道をゆく。

閉店間際のカフェに向かう。アイスラテ。誰もいないカウンター席。公園ではしゃぐ子供達を窓から眺める。

言葉たちの味がするラテを飲み涼む夕暮れ。止まらない思考、移ろう空、走り回る少年少女。

そのいづれとも関係無く刻まれる時間。僕の寿命。内側で踊り続ける言葉たち。

尊い今日を、生きている。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。今日、オリンピックという晴れ舞台で戦う人達がいるように、夕暮れ時という晴れ舞台ではしゃぎ回る子供達も居て、どっちの方が大事だとか、比べたって仕方無い程、どちらも尊く美しいんだと思える大人でありたい僕。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。