今朝の落書き

自由丁オーナーが毎日書く、
考え事、悩み事の言葉たち

疑問符という名の志

電車の音、親子の会話、
クーラーの奏でる風の音。

炎天下を往く自転車のペダルも、いつかどこかで生まれ変わって、楽器になっていたりして。

道行く人の着ている服も、どうか未来で別の誰かの纏う素敵な衣になっていたりして。

吸い込んだ風が僕の身体を巡ってやがてまた風になってどこかへ行くなら、僕自身もやがてはきっとそうだろう。

目に見えるすべてを真実とするのなら、真実とは目に見えるすべてのことを言うのだと思えてしまうこの瞳で、見えない風を心を愛を未来をどう捉えよう。抱きしめよう。

その術を知りたいがために、僕等は時に目を閉じ音楽を聴くのかもしれない。誰かの声に耳を傾けるのかもしれない。

音が今日も僕等に語りかける。
肌触りが香りが味が、今日も必死に勝手に伝わってくる。

「人生をかけて」なんて言葉が要らないくらいに、僕もあなたも、アスリートもお父さんもお婆ちゃんも兄弟姉妹も犬も猫も鳥も亀も草木にしたって、勝手気ままに全身全霊、今日も今も、ここにある。

目に見える見えないすべてを受け止め、ここにある。

本日も落書きを読んで下さりありがとうございます。人生を比べようとする全ての言葉に、命を時間を目に見えるものだけで量ろうとする全ての態度に、勇気を持って疑問符を。

オーナー小山の日々の呟き

自由丁にまつわる話はもちろん、日々のエッセイ更新や即興エッセイ開催もこちらにて。お気軽にフォローミー。

オンラインストアの商品たち

一年後の自分へ送れる手紙、ひと月を振り返り一冊にまとめていく定期便、エッセイ集など。未来の手紙カルチャーを彩る商品たちをご自宅でもお楽しみ頂けます。気軽に試しに、ぜひ。